メニュー

「映像のまち・かわさき」フェスティバルinしんゆり | 映像で伝える映像が生まれる|映像のまち・かわさき

「映像のまち・かわさき」推進フォーラム

電話044-223-6550

「映像のまち・かわさき」推進フォーラム

電話044-223-6550

映像イベント&トピックス

「映像のまち・かわさき」フェスティバルinしんゆり

作成日:2019年03月01日(金)

「映像のまち・かわさき」フェスティバルinしんゆり

 

「カンヌ国際映画祭」の最高賞である「パルムドール」。

71年の歴史の中で日本映画は過去4回選ばれており、その内2回が日本映画大学の創始者でもある今村昌平監督の作品です。

実はこの2つのトロフィーは川崎市アートセンターに展示されています。

21年ぶりとなる日本映画の受賞を受け、改めて日本を代表する今村監督が、川崎地で馳せた映画づくりや教育者としての思いを伝え、

受賞作品の上映等を通じて「映像のまち・かわさき」を発信するとともに、

映像文化の振興を図ります。

 

日時:平成31年3月16日(土)13時~17時

場所:新百合トウェンティワンホール

入場料:無料

内容:①映画「うなぎ」上映会&スペシャル対談

    上映会:整理券配布開始12時30分/開場13時/開演13時30分

    ※整理券は上映会参加希望者本人に1枚配布、代理での整理券受取はできません。

    対談:天願大介(日本映画大学学長/映画監督・脚本家)×石坂健治(日本映画大学学部長/映画祭ディレクター)

 

②今村昌平監督作品のパルムドール2点とトロフィーの展示

③教育者・今村昌平に関する展示

④ケーブルテレビ協議会ブース

➄「映像のまち・かわさき」ブース

 

 

 

 

190122 imamuraA4 olweb用omote

190122 imamuraA4 olweb用ura 

 

 

前のページにもどる